見えない部分の炎症をケアすることも照射後には必要

一瞬の高熱を加えてムダ毛の生える組織にダメージを与えていくのが、一般的な脱毛器での脱毛の仕組み、見た目にはわかりませんが皮膚の下は軽く炎症を起こした状態です。家庭での脱毛をする際に大活躍をするのが家庭用脱毛器、エステサロンで導入するようなマシンよりパワーは抑えめですが、ライセンスなども必要なく誰でも気軽に使うことができます。照射時に放たれる光もマイルド、その分だけ結果が出るまでにはエステ脱毛よりさらに回数と時間が必要ですが、穏やかな施術ができることから素人が使っても大丈夫です。ただやはり照射がマイルドと言っても、内側で炎症が起きることに変わりはなく、肌の表面に大きなダメージがみられないからと言って、照射をした後そのままにするのはあまり良くはありません。面倒に感じるかもしれませんが、家庭用脱毛器を使う自分での脱毛をするなら、照射後の肌へのクールダウンも忘れないことです。よく冷やしておいた保冷剤を、照射後の軽く火照った素肌へと当てて肌を冷やします。また家庭用脱毛器も立派な脱毛器であることに変わりなく、脱毛をすると少なからず皮膚は乾燥をするため、照射後に肌を冷やしてさらに保湿をする事も忘れません。
脱毛ラボホームエディション vio 頻度