美白化粧品で今まで以上に肌が白くなるのか?

美白化粧品で今まで以上に肌が白くなるのか?という疑問について考えてみました。
美白化粧品はたくさん販売されています。
肌に塗るだけでくすみが取れて白くなる。
シミやそばかすが薄くなって白くなる。
「白い」ということが正義のように宣伝しています。
では美白化粧品をずっと使っていると、これまで以上に白くなることがあるのでしょうか?
正解はありません。
おおもとの肌の色より白くなることはないんです。
よく考えれば当然のことです。
美白化粧品は、すでにできている黒ずみをできるだけ白くするものです。
黄色人種の日本人が白人の肌になれるわけがありません。
一つだけ注意が必要です。
美白化粧品の効果の強いものを使うと、白抜けすることがあるんです。
特に化学薬品系の美白化粧品が効果が強く、間違った使い方をすれば白抜けします。
これまでの白抜けの報告を見ると、目じりの白抜けが多いです。
目じりにあるシミを薄くしようと強い美白化粧品を使って白抜けになってしまったようです。
美白化粧品を使ってもともとの肌より白くなることはありません。
ですが化粧品によっては白抜けしてしまうものもあるので注意が必要です。
最近の研究では、化学薬品でなく光の効果でシミが消えることがわかりました。
光は白抜けすることもありませんので安心ですね。
良かったら参考になる記事を教えます。
ケノンでシミ取り