ドラマは非日常を楽しむもの

二階堂ふみちゃん、ついこの間『跳んで埼玉』で高校生役やってたのに、もうアラサーバツイチオバサン役やってます。
なんか凄いですね。
睨みつけると怖いんですが、優しい顔も出来ますし、さすが『せごドン』で西郷の女房役やってただけあって演技上手いです。
そんなプロミスシンデレラ9話の感想なんですが、今回の菊乃の暴走は結構酷い。
今井(早梅の元ダン)が電話かけて来てなかったらうまくごまかして早梅に取り入ってごまかそうかと思っていたみたいですが、普段からスタンガン持ち歩いてアッチでビリビリこっちでビリビリと。
成吾は「ヘビ女」って言ってますが、本当は「電気女」ですね。
ドラマだからこれで済んでますが、正当な理由が無ければ立派な傷害罪。
スタンガンって最悪心臓止まるかも。
まぁドラマは非日常を楽しむものだから、こんな電気女がいても許されるのかな。
コロナの感染でドラマ以外にもYouTubeの動画を良く見るようになったけど、こちらも非日常のオンパレードというか明らかに煽ってるだろ?みたいなものも多数。
分かっていて楽しむ分には全然いいと思うけど、悪質なのはTVや新聞などのオールドメディアが明白な印象操作や下手をすると作り話を掲載しているのが見えてきたのも興味深いかも。
TVや新聞に騙されないよう、自ら情報の取捨選択をできるようになりたいですね。